座禅会とお茶会in梵釈寺

img_2014          img_2015

2016.11.20

本堂で座禅体験、庫裏でお茶会が開催されました。

普段とは異空間が広がり、参加者もこちらも、

貴重な体験が出来ました。

 

img_2012            img_2013

地元の食材で、地元の人達が作ったお弁当は、

とても美味しかったです。

地元の施設で、多くの方が集い、

共に体験する。

何と豊かな暮らしだろうと、嬉しくなります。

有難うございました。

カテゴリー: 未分類 | 90件のコメント

11月の里山保全活動

お寺の奥にある目倉溜。遊林会さんや、総代さんが、一年をかけ目倉溜までの路を整備して頂きました。

img_3018                       

   溜の周りの雑木も整備して頂き、溜に紅葉が映りとても美しい水面でした。『紅葉を     植 樹したらもっと良くなるなぁ〜』と話が出ました。

img_3019     

    目倉溜付近の雑木を切り、境内裏に運ぶ皆さん。ご苦労様です。

img_3021

薪割り機を使い薪割り作業。


img_3022

初めて作業に参加された遊林会の方々が梵釈寺、鐘楼門の  鐘を突きました。


  img_3025 


            ミモザの木が大きくなり、奥にあったイチョウの木が隠れていましたがミモザを剪定して頂き、黄色く紅葉したイチョウが綺麗に境内を引き立ててくれています。

img_3016

裏の木を前々回切り、薪割り機を使い積み上げてくれました。

img_3017

カテゴリー: 未分類 | 91件のコメント

坐禅と茶道体験

image          image
がもう夢工房協議会さんの主催で、11/20
ガリ版祭りと同時開催で、梵釈寺を会場に
坐禅と茶道体験と里山散策の企画があります。
講話と座禅は住職が担当します。
梵釈寺で非日常体験してみませんか?
お待ちしています。

カテゴリー: 未分類 | 10件のコメント

秋の梵釈寺

秋の虫達の合唱会
img_2808-1

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

授戒会研修会

9月25日梵釈寺にて滋賀教区寺院が集まり授戒会の研修会が行われました。

image-84

カテゴリー: 未分類 | 7件のコメント

九月の遊林会

  • ミヤマウズラ花が里山に咲いていました。
    image九月一日に遊林会さんが里山保全のボランティアに参加しとて下さいました。池の水が漏れてしまうので土嚢を積み直して下さいました。
  • image
カテゴリー: 未分類 | 九月の遊林会 はコメントを受け付けていません。

夏原グラウンド

 

遊林会の活動の写真

2016年7月14日、梅雨の晴れ間に特定非営利活動法人 里山保全活動団体 遊林会(以下、遊林会)の活動を尋ねて梵釋寺(ぼんしゃくじ)に行きました。梵釋寺は滋賀県東近江市蒲生岡本町にある、黄檗宗という禅宗のお寺です。

遊林会の活動写真
お寺の裏庭と裏山の手入れする人手がなく、木が繁りすぎて暗くなり、人が入りにくくなってしまって困っていたところ、同じ東近江市「河辺いきものの森」に拠点を持つ遊林会が、協力することになりました。

門に到着すると、どこからかチェーンソーか草刈り機の大きな音が聞こえてきました。

遊林会の活動写真
その音を頼りに庭に回ってみると、本堂の裏手は、にぎやかに里山保全活動の真っ最中でした。

遊林会の活動写真
薪割り機でどんどん薪を作っている人。この薪割り機は夏原グラントの助成金で購入されたものです。ロゴマークも貼ってありました。

遊林会の活動写真
遊林会の活動写真
草刈り機で草を刈る人。手入れされ、すっきりと明るい森になっています。

遊林会の活動写真
小川の流れをせきとめる水門を、丸太の杭を打って作っている皆さん。

遊林会の活動写真
人工的な島がある小川かと思っていたら、もともとは回遊式庭園だったそうです。ここまできれいにするには、総代の安部さんがしゅんせつに汗を流したのだとか。

遊林会の活動写真
島にはお墓がひとつあります。お寺の住職を務めたこともある、昔の庄屋さんのお墓だということです。手前にはハスが植えてありました。庭園だった頃、池は一面のハスが広がっていたので、その光景を再現したいから植えられました。

遊林会の活動写真
かつての庭園を再現するための水門です。

遊林会の活動写真
この日は梅雨の晴れ間の猛暑となり、朝9時半からの1時間で皆さん汗だくです。本堂の前で休憩タイムとなりました。

遊林会の活動写真
左は梵釋寺ご住職の奥様、熊倉弘富美さん。右は遊林会の代表井田三良さん。お二人はずいぶん前からの知り合いでした。遊林会が特定非営利活動法人になった2014年10月頃、井田さんは熊倉さんから「梵釋寺の裏山が荒れて困っている」と聞きました。遊林会は長年河辺いきものの森の保全活動を続けてきましたが、法人化をきっかけに、新しい事業を展開していこうという機運が生まれていたそうです。検討を重ねてから、昨年(2015年)の秋から梵釋寺で月1回の保全活動を開始しました。

熊倉さん「山の持ち主の皆さんにも、声をかけて了解をもらってから手を入れました。ちょっと手を入れただけで森の中に風が吹き抜けて、変わったのがわかりました」「裏庭から山のほうに行くとため池があります。今は道をきれいにしてもらっているので5分もあれば池に歩いていけますが、手入れ前にはジャングルをかき分けて進むので30分くらいかかっていました」と教えてくれました。

そこで、休憩後は井田さんの案内で、そのため池を目指すことにしました。

遊林会の活動写真
確かに手入れが行き届いていて歩きやすい道です。

遊林会の活動写真
道のすぐそばには大きな立ち枯れのコナラらしきものがありました。こういう木を切り倒して薪にしているそうです。

遊林会の活動写真
草刈り機で道の竹を刈っている、すぐ先にため池の堤防が見えています。

遊林会の活動写真
小さな堤防の上に登ると、ため池を一望できました。地元の方のお話では、子どもの頃、お弁当を持って山に入り、松葉を集めて家に持ち帰り風呂の焚き付けにしていたそうです。また、この池で魚釣りをしたり泳いだりして親しんでいたということです。当時、池の上流と下流には田んぼもありましたが、今は放棄されているそうです。

梵釋寺のある地域周辺には大小たくさんのため池が作られていて、貴重な水源として大切にされていたそうです。

遊林会の活動写真
ため池から帰ってくると、薪も増えていました。

遊林会の活動写真
立木が切り倒され、適当な長さに切られています。これを杭にして、水門の強化を図るのです。「杭の現地調達だ」と笑いながら運んでいきました。

遊林会の活動写真
できたての杭を打っているところです。
赤いシャツの方が、梵釋寺総代を務めている安部さんです。

遊林会の活動写真
しばらくすると昼食時間となり、熊倉さん手作りの夏野菜カレーをご馳走になりました。
カレーを食べながら、安部さんを含む3人の地元の方からお話を伺えました。
安部さんは「お寺の裏庭の手入れは、年に2回していますが、島のところまで草を刈るだけで精一杯で、池の周囲はジャングルのようになっていました。きれいにしたいと思ってはいたのですが、とてもできなかったところに、遊林会の皆さんが協力してくれたので、感謝感激です」とうれしそうです。

遊林会の活動写真
作業をする人の内訳は、遊林会ボランティア、スタッフ、お寺の総代さん、地元自治会の方。さまざまな立場の方が協力してはじめて大規模な里山保全か可能になるのですね。
裏庭とため池までの、およそ3ヘクタール程度がフィールドです。

遊林会の活動写真
熊倉さんにお寺の境内を案内していただきました。すぐそばの山にはヤマモモの巨木があります。この木のウロには毎年フクロウが営巣しヒナを育てているそうです。

遊林会の活動写真
庭にはたくさんのシオカラトンボが飛び交い、タマムシまで出てきました。山道を歩いているとヘビが道を横切り、池のそばには赤いお腹のイモリも出てくるそうです。また、安部さんが池をきれいにしようとしたところ、カスミサンショウウオも見つかったというのです。そこで2013~2015年度夏原グラント助成団体の田村山生き物ネットワークに、カスミサンショウウオに配慮した池の手入れについても相談したそうです。本当に梵釋寺は自然が豊かなところなのですね。

遊林会の事務局長、泉浩二さんは「この里山保全活動を本格的に始める前に、夏原グラントの助成金で植物の専門家をお招きして、どんな植物がどこに生えているかを教えてもらいました。草刈り機で刈ってしまわないよう、マークしています」と、きちんと環境に配慮した里山保全を進めていることも教えてくれました。そして今後のことについては「このお寺の本堂に泊まって、里山で遊ぶイベントをやろうと思っています。朝は座禅から始まり、山から取ってきた薪でご飯を炊いたり、山の手入れをしたり。ちょっと歩いていくと、この山の薪をストーブに使っている地元の野菜を使うレストランなどもありますしね。いろんなプログラムができて新しい展開ができるので楽しみです。秋頃には地元の方にここに来ていただく自然観察会などを開催したいと思います」とも。

この恵まれた環境に、子どもたちのにぎやかな笑い声がひびくのももうすぐ。お寺と地元の皆さんと遊林会。この三者の協力が、荒廃した里山をすばらしいフィールドに変えつつあります。

カテゴリー: 未分類 | 夏原グラウンド はコメントを受け付けていません。

桃が採れたよ

20年前、二男の誕生記念で植えた桃の木、30個ほどなったが写真を撮り忘れ残り5個もも2になってしまいまいたが投稿しました。   とても甘くておいしかった。

カテゴリー: 未分類 | 桃が採れたよ はコメントを受け付けていません。

里山の貴重な樹や花

6月6日に遊林会の井田さん、泉さんと植物の専門家の先生、総代の2名で切り開いた里山に貴重な植物がないか配慮すべき植物がないか調べていただきました。
山の花001 山の花002 山の花003 山の花004 山の花005  山の花008

 

カテゴリー: 未分類 | 里山の貴重な樹や花 はコメントを受け付けていません。

蛍がやってきました。

本日、梵釈寺の傍で、今年一番の蛍を見つけました。

蛍001蛍002

カテゴリー: 未分類 | 蛍がやってきました。 はコメントを受け付けていません。